「2020年08月」の記事

「新型コロナウイルス感染拡症の差別・人権侵害に反対するフォーラム滋賀in長浜」

2020年8月3日 / お知らせ

 「新型コロナウイルス感染症の差別・人権侵害に反対するフォーラム滋賀in長浜」が8月2日(日)開催されました。今回は湖北じんけんネットワークが主催、ヒューマンネット滋賀は共催として参画しました。会場の長浜市民交流センターには、およそ60名に人が参加してくれました。 アタシたちヒューマンネット滋賀のメンバーと12時過ぎに会場に到着、会場設営と打ち合わせを終えて、密をさけるため受付を設けずに、お一人お一人、順に検温と消毒をしていただき、予定通り14時にスタートしました。まず、開会挨拶ということで次のような話をしました。
 『みなさん、こんにちは。ヒューマンネット滋賀のやまざきです。開会のあいさつということですが、少し長い目の時間をいただいていますので、アタシの想いも込めた話をさせてください。
 まず最初に、ヒューマンネット滋賀についてちょっとだけ紹介させてください。始まりは、地元での部落解放運動です。以前、在所の高校生とか若い子らとオリジナルの人権啓発劇や講演活動をやっていましたが、被差別側だけではなく、もちろんアタシたちは部落出身ということを大切に受けとめてそこからの発信をしていたのですが、運動とか立場とかでなく、もっと幅広いつながりを作っていこうということで2012年にNPO法人ヒューマンネット滋賀をたちあげました。あんまり知られてはいないんですけど(笑)。そんなアタシたちに湖北じんけんネットワークの田邉さんが「今度、コロナ差別と人権をテーマにしたイベントをやるんですが、一緒にどうですか?」と声をかけていただき、ぜひ一緒に!ということで今日の日を迎えました。
 今、思いもよらないほどコロナウイルスの感染が広がっています。日々、感染してしまった人が多く増えていくなかで、その人たちへの人権侵害も増加しています。感染者に対するまなざしや言動は、差別そのものだと思います。病気で苦しんでいる人たちが差別を受ける被差別側となってしまう、これってすごい違和感の現実です。感染したあなたが悪いとばかりに、非難や攻撃、そして謝罪を求める、これっていったいなんなのか!これって、明らかに、差別する側の意識のあらわれ方です。差別される側が、差別されないようにすればいい、原因を被差別側に圧しつけて、あたかもそれが解決になるってバカげたことを思いこんでいる人たちがこれほどまだ多いのか!これまで少なからず学んできたはずなのに、差別される側ではなく、差別してしまう側の問題なんだと。そのことが少しも活かされていない、今の現状だと思うのです。ほっといていい訳がないですよね。
 『新しいものは何にもない、今までのものが一気にやってきた』まさしくそうだと思います。問われているのは、ウイルスに感染した人たちではなく、差別意識を感染させてしまっている側、自分自身が問われている、そんなふうに感じています。今回のフォーラムで、人を大切に想うってことはどういうことなのか、今このときだからこそ考えあう時間にしたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。そのあと、3本の報告がされました。とても大切で、尊重されるべきメッセージでした。さまざまな現実を生きている人がいる、その現実を引き受けて生きている人たちがいるということを改めて感じながら、知ることの大切さを痛感しました。知らないことで差別はなくなっていかない、「差別する」の反対語は、「差別しない」ではなく「差別をなくすこと」。感染した人がどんな現実のなかを正しく知るということ、その現実が差別につながるのなら、自分はどうすればいいのか、自分と大切な人を守る、そのためにできるこことを考え合えたフォーラムになりました。

DSC_0261

 

最近のコメント

    カテゴリー

    TOPへ戻る