いろいろあった10月でした!

2018年11月1日 / お知らせ

ずいぶんと寒くなったなぁと思えば、早いもので今日からもう11月ですもんね。この季節もいろんなことがありますが、10月には、メンバーのみんなといろいろな場所に出かけてきましたのでお伝えさせていただきます。

まず私たちにとって、とてもとても大切な「部落解放長寺小6合宿」。地元長寺が大事に積み重ねてきているもので、なんと41年前から続いています。今回は6年生17名全員が10月6日の第41回小6合宿に参加してくれました。コンセプトは、《差別を受けたときにどうする》から《差別をしてしまう自分をどう変えるか》。そして目的は、

 ①「差別を見抜く」②「差別を許さない」③「差別に負けない」の3点になっています。この目的は、1回目の合宿から変わってはいません。そのなかで子どもたちと次のようなことを考え合っていきます。

~おかしさに気づいて見抜けるチカラを育てる~・ 長寺の昔の様子を知ることにより、今の長寺の豊かさを感じとることができる・ 自分自身の今の関係性を見つめる ・・・対等であるかどうか・ 自分の側にいる人を大事に思うこと=人権を考えるときの基本・ 人権・部落問題を学ぶことは「差別をしない、許さない」という反差別の姿勢を育てるために重要・ 現実を知らなかったら現実に負けてしまう = 知らないことで差別はなくならない=

子どもたちの感想をふたつ紹介します!

 ①今日、小6合宿で学んだ。もともと差別に関してはそんなに興味がなかったけど、小6合宿で今まで以上に興味を持てたのでよかった。差別はあかんとより思いました。人のことを何も知らないのに勝手に決めつけてはいけないと思いました。今まで、少しだけ人のことを決め付けたことがあって今思うとあのときの自分が恥ずかしいです。これからは差別につながることはしないように、今日しったことを活かしてがんばりたいです。

 

②「差別は人を傷つける」という言葉が頭からはなれません。だから、差別する側もされる側にもなりたくはありません。ハイスクールの劇を見てから、悩みを打ち明けられる友だちを大切にしていきたいです。部落差別以外にもいろんな差別があるということも分かってよかったです。私は、差別をなくす側になりたい。合宿に参加した友だち、みんな一緒に「差別をなくす側」になれたらいいのにな。

 

13日の土曜日は、「彦根市佐和山学区市民学習会」に、そして20日の土曜日は、「稲枝北学区人権フェスタ」に参加させていただきました!彦根市は、各エリアごとに住民のみなさんを対象に人権学習イベントを開催しておられます。ヒューマンネット滋賀にも声をかけていただき5年前ぐらいから、いくつかの学区に参加しています。

どちらの会場にも多くのみなさんが参加され、こちらの話を真剣に聴いていただきました。伝えたい想いを受けとめていただける場面は、私たちにとっても居心地のいい時間になりました。

佐和山学区市民学習会には、滋賀県人権センターの取材も受けさせていただきました。「じんけん」という冊子に掲載していただけるとのことで、少し照れくさいですが、「ありがとうございました!」    (佐和山学区市民学習会での様子です)

また、稲枝北学区の人権フェスタは、「じんけんトーク&コンサート」ということで、『mi山河』のみなさんにお願いして出演していただきました。歌に語りに絵本の読み聞かせなど盛りだくさんで、とても、とても素晴らしいひとときでした。

14日の日曜日は、「滋賀県高校生等交流集会」がアクティ八幡で開催されました。県下の高校生を中心にした若い世代が集まり、人権について考える集会です。実行委員の高校生たちが自分たちで企画・運営、当日も演劇や人権クイズ、ダンスや手話歌などのパフォーマンス、そしてグループ討議など、あらゆる場面で活躍してくれる、とてもステキな集会になっています。お昼時の「食文化交流」では、さまざまな団体からおいしい食べ物がいっぱい販売されます。ヒューマンネット滋賀は、いつもの『たこせん』!これしかないので、いつもこれです(笑)      「美味しいよ」と食べていただいたみなさん、どうもありがとうございました!(^^)!

DSC_0121

そして、31日は、甲賀市行政職員人権研修に行ってきました。                         昨年も講師として呼んでいただいたのですが、今年も声をかけていただけたので、柄でもないなぁと思いながら参加させていただきました。                       全職員さんを対象の課題別研修で全7講座からの選択研修ということで                      「人を差別しなくても生きていけるために~部落差別解消推進法に思うこと&その他いろいろ~」と題して自分なりの想いを伝えさせていただきました。会場には、仲良しのまゆみちゃんも笑顔で居てくれたので、あまり緊張することなく話ができました。彼女の笑顔に救われました。まゆみちゃん、ありがとう!そして聴いていただいた職員のみなさん、どうもありがとうございました。

11月は、大津高校、野洲高校、膳所高校、そして甲賀中学校の部落問題学習にメンバーと参加してきます。28日には、カトリック教会部落問題研修が大阪で開催されます。昨年も参加しましたが、カトリック教会のみなさんとの出会いも自分にとって違いを豊かさに感じる、とても貴重な出会いでした。なので今回も楽しみです。      また様子などをお伝えしますので、もしよければ読んでくださいね(#^.^#)

コメントは受け付けていません。

最近のコメント

    カテゴリー

    TOPへ戻る