夏を振り返って~最高だったウリハッキョマダン!

2016年7月25日 / お知らせ

もうすっかり秋ですね~。夏が終わると若干の寂しさを感じてしまいますが、そんな寂しさを吹き飛ばしてくれる夏の思い出はやっぱり、ウリハッキョマダンです!今年も最高に楽しいマダンでした!

昨年は、10回目ということで実行委員会の、いつになく節目のマダンをよりアピールしたいという思いがつながって、10年目にして600人以上の人たちが滋賀朝鮮初級学校に集まってくれました。そのときの風景はとても感慨深い場面として今も記憶にあります。

で、11回を積み重ねて開催した今年のマダン、なんと昨年以上のおよそ700人という人たちがウリハッキョのグラウンドにやってきてくれました。なんていったって、みんな笑顔です!そんなみんなの笑顔をみながら、回数の積み重ねは、そのまんま人と人との出会いの積み重ねになっているんだなぁって、そうと感じました。そこから、出会いをつながりにする、それがウリハッキョマダンの魅力なんだなと。

 私たち、ヒューマンネット滋賀のメンバーはいつものように「たこせん」を販売しました。厚かましく、「ウリハッキョマダン名物のたこせん!」なんて勝手に言いふらしながら、今回もハッキョの子どもたちやたくさんのみなさんがバザーテントに来てくれました。

メンバーは、毎回マダンに参加してくれている茂ちゃんとシゲアキ母子。そして、若菜と紀子母さん。たこせん、いやいやたこせんだけじゃなく(笑)、活動には欠かせない、大切なメンバーといつもマダンを楽しんでいます。茂ちゃんは、子どもたちにと、かわいいグッズを用意してくれて声をかけながら笑顔で渡してくれていました。マダンでは、いくつもの素敵な場面に出会うことができます。茂ちゃんの子どもたちに対するまなざしもその一つでした。そして、最後の小森ちゃんの挨拶。よかったなぁ~~~!彼の話を聴きながら「偶然の出会いも意味があるが、自分から積極的に動く出会いはもっと意味がある」、誰かのそんなフレーズを思い出していました。そして、今回初めて参加してくれた自治会の会長さんのお話と鄭校長先生とのツーショット、これがなによりも素敵な場面でした。

 ウリハッキョマダンが紡ぐ出会いのネットワークがもっともっと大きくてぬくもりのあるものになっていくために、これからもず~っとウリハッキョとつながっていたい、そう感じています‼

 10月2日(日)は、「ウリハッキョの学校公開」があります!くわしくは、また次のブログでご案内しますね!

コメントは受け付けていません。

最近のコメント

    カテゴリー

    TOPへ戻る